私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

創意工夫された知恵

日々の生活を考える
  • comment0
  • trackback-
2021/6/14
安満遺跡公園19-3
私の前を喫煙しながら歩いている人がいます。たばこの煙が風の影響で後ろに流れて来ています。このまま歩いてゆくと、そのタバコの煙を吸ってしまいそうです。今時、喫煙しながら歩いている人がいる事に驚きました。が、何とかしなくてはいけません。
だからと言って、立ち止まってじっとしているのも変に思われてしまいそうです。ちょうど、陽射しが強かったのでカバンにしまっている帽子を被ろうか、どうしようか迷っている事を思い出しました。帽子を被る為に、しばらく立ち止まっていました。もう、距離が十分に離れました。
知恵というものが有ります。その意味は「道理を判断し処理していく心の働き」あるいは、「筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力」、知の恵みです。その知に恵まれる為に、あれこれ考えて新しく思いつく創意工夫というものが必要になります。
今回の出来事に当てはめて捉えると、どうしようかとあれこれ考えて新しく思いついた帽子を被るという行いは、帽子を被っている間に、距離を作る事が目的になっています。創意工夫された知恵は、創意工夫する目的に適った知恵だと言えます。

Comments 0