私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

「ケ・セラ・セラ なるようになるわ」

2020/9/29コロナ禍で自殺者が増えているという報道が有ります。昔、ペギー葉山という歌手が「ケ・セラ・セラ」という曲を歌っていました。「ケ・セラ・セラ なるようになるわ 先のことなど 判らない 判らない」という後半の歌詞です。私は、この歌の歌詞に随分と癒され励まされました。「なるようになるわ」、あきらめないで引き受ける耐える我慢する勇ましい気が湧きました。こういう流行歌が流行っているというだけで、辛く...

続きを読む

ものの見方

2020/9/27キュビスム(立体派)と呼ばれている絵画技法が有ります。キューブ(立方体)を見る見方を変えて立方体を絵にするとどんな絵になるのか、という思いつき(発想)に基づいていると思います。立方体を上から下から斜め右上から斜め左上から斜め右下から斜め左下からという具合に、色んな視点から一つの立方体を見て、そのそれぞれの視点から見た立方体の絵に一つの立方体を分解します。キュビスム以外の立方体は一つの視点...

続きを読む

新しい作品制作2:下絵

2020/9/25新しい作品制作2:下絵 キャンパスにアクリル絵の具 2020年/9月 53cm×45.5cm前回の記事は、下塗り~下絵というタイトルであいまいな下絵を下絵として書き込んでしまいました。それは、いい加減だったと反省して今回、下絵のタイトルで下絵を載せました。また、前回の記事は、下塗りと訂正しました。下塗りと下絵は分けるべきです。そうでないと、いい加減になってしまいます。下絵は仕上げの基礎になる絵です。下絵が...

続きを読む

新しい作品制作2:下塗り

2020/9/23新しい作品制作2:下塗り キャンパスにアクリル絵の具 2020年/9月 53cm×45.5cm主題テーマは日本的なもの、モチーフは菊 和傘を持つ着物を着た女性 富士山です。女性をもっと正確に描きます。菊と女性はグロスメディウム、富士山はマットメディウム、色の変化を探りたいと思います。...

続きを読む

巡り合わせとしての「縁」

2020/9/19今から思えば、あの時にああしておけば良かったと思う事が有ります。また、今のこの考え方であの時を生きていれば違った人生になったかも知れないと思う事も有ります。そんなふうに自分を振り返る時が有ります。だけれども、そんなふうに自分を振り返っても現存する実在する私がいます。そして、その現存する実在する私と向き合う私自身がいます。どう向き合うか、人それぞれの思想や信条に拠っているのだと思います。だ...

続きを読む

新しい作品制作2:スケッチ②

2020/9/18新しい作品制作2 スケッチ②: スケッチブックに鉛筆と色鉛筆 273mm×220mm(F3)着物を着て和傘を持った女性をモチーフとしてスケッチしてみました。過日のスケッチ①と比べて、どちらにしようかと思い悩みました。主題テーマは日本的なものですので、スケッチ①よりこのスケッチ②の方が、主題テーマがより表現されていると判断しました。このスケッチ②を基に作品の下書きをします。...

続きを読む

新しい作品制作2:考察①

2020/9/17昨日のスケッチで、女性が持っているのは菊です。着物を着てかんざしをつけています。着物の画像を見ていると和傘をさしている女性に目が止まりました。あ、これも良いなぁと思いました。主題(テーマ)が日本的なものですので一度、スケッチしてみます。また、違った展開が起こるかも知れません。...

続きを読む

新しい作品制作2:スケッチ①

2020/9/16 新しい作品制作2 スケッチ①: スケッチブックに鉛筆と色鉛筆 273mm×220mm(F3)次の作品のスケッチです。クロッキーから変化しました。テーマ(主題)は、「日本的なもの」ですので、スケッチの様になりました。女性の着物やかんざしはもっと工夫したいと思います。手に持つ菊は手前に咲き誇る菊よりは少し濃い目の黄色にしようかと思っています。色の変化も絵創りの一要素にします。現在、制作している作品が仕上...

続きを読む