• ルール、約束事
    2020/5/31ウォーキング時に立ち寄る公園には、市営ですので禁止事項という約束事が有ります。今日は、違反していた中学生ぐらいの少年が施設管理者に大声で何回か注意されていました。めったに無い事なので何事かという感じで目を向けて様子を伺っている人達がいました。ルールを守るあるいは守らせる事は、一人一人の自分勝手を許さないより良い社会形成上とても大切です。我が国の新型コロナウィルス対策は、法によって強制する...
  • ありがたいパソコン
    2020/5/30今から50年足らず前、私が20歳頃に大型電気店に今では考えられないほど大きくて重たいパソコンが展示されていました。キ―を打つと文字が見えるというただそれだけの機能でしたが、とても驚いた事を覚えています。私達の世代は各家庭にTVが一台と一社の新聞という物が一般的でした。今は、TVや新聞がなくてもパソコンやタブレットやスマホが各家庭に有る事が一般的になっています。それらの機能は素晴らしく私達の生活に密...
  • 深刻な自然災害です。
    2020/5/29一昨年から昨年ー2018/10~2019/10ーの一年間かけて、最後の高野山へのお礼参りも合わせて四国八十八ヵ所のお寺さん巡りをしました。この新型コロナウィルスによる外出自粛で、こうしたお寺巡りを企画運営する旅行会社、交通手段としての観光バス、高速道路やインターチェンジ、駐車場や昼食会場やお土産屋さん、宿泊施設、お寺さんの御朱印をいただける納経所等々、相当に深刻な経済損失を被ってしまっている自然災害被害...
  • 後ろに人の気配がしています。
    2020/5/28ウォーキングで立ち寄る公園のベンチに座ろうと行きかけると、私の後ろに人の気配がしました。気になって少し振り返ると誰もいません。が、まだ、やはり、人の気配がします。今度はすっかり後ろを振り返ると、高校生ぐらいの女の子が「大丈夫です」と私に声をかけました。何が大丈夫なのかと思っていると、その女の子が私が座ろうとしているベンチに座っている男の子めがけてボールをあてようと投げました。そうか、この...
  • 空を見上げて
    2020/5/27新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が解除されています。私が通っているスポーツジムはまだ営業をしていません。代わりに散歩ウォーキングで歩いています。毎日、同じ道のりなので少々飽きて来ています。でも、毎日、確実に見上げる空の風景は違っています。毎日、雲が違っているからです。公園のベンチに座って空を見上げています。風を受け太陽の日光浴で心持が良いです。...
  • 「骸骨ビルの庭」全2 巻 宮本 輝(講談社) 
    2020/5/13私はこの作家の作品を比較的多く読んでいます。どの作品でも、他人への思いやりや優しさを物語ります。この作品は、併せて、涙と笑いも有って心豊かさが綴られています。設定場所は大阪の十三。私は大阪生まれの大阪育ちなのでよく知っている土地柄でのお話しです。大阪のおおらかな文化、自分も他人も許して行く精神風土。けんか腰に他と争いギスギスする様な関係性を構築する事は大阪文化にはじかれて行きます。人々が...
  • 京都国立博物館 平成知新館
    2020/1/26特別展示に至るまでの、「雪舟 四季花鳥図」「牧谿 遠浦帰帆図(えんぽきはんず)」「源氏物語葵絵巻」が印象に残りました。「雪舟 四季花鳥図」の力強くとてつもなく大きく確かな信仰心に裏打ちされた世界観と造形力。絵の世界に引き込まれそうになり感動を憶えました。凄い精神力だと思います。紙、筆、墨、の材質を十分に認識していないと表現されえない技量の大きさ。手法は異なっていますが、この技量の大きさと...
  • 「浮世絵コレクション」大阪市立美術館
    2019/9/14浮世絵版画は、世界によく知られている日本を代表するものの一つです。江戸時代の庶民の暮らしで息づいていました。現在の漫画やアニメと同じです。画家ではなくて、絵師として版元に雇われていました。また、彫り師や刷り師との共同作品です。全く当時の西洋の美術界のしくみとは異なっています。色落ち退色していないのが当時の版画絵の具の質の高さを物語っています。歌川広重の東海道五拾三次之内の作品群は、創られ...
  • 自然と共に生きている
    2020/5/19先月の4月8日(水)以降、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言からスポーツクラブに行く事が出来ないでいます。ウォーキングで歩いています。阪急電車やJR電車も動いていますが、車内にはめったに人が乗っていません。この公園からそれぞれの電車の中がよく見えるからです。目に見えない小さなウィルスが普段の社会生活をすっかり変えてしまっています。まさか、こんな事になろうとは。一昨年の大阪北部地震も凄かっ...
  • 「絹谷幸二 天空美術館」:大阪梅田のスカイビルタワーウエスト27階
    2018/11/21不易流行(特殊は普遍を内在する)のレヴェル。レヴェルが圧倒的に高い。私は特に「富嶽龍神飛翔」の作品に見入りました。絵そのものです。言葉や画像ではなくて、絵そのものです。3Dの立体絵を見ました。最先端です。題材を日本国の代表的イメージとする中で、富士山がとても素敵です。「波乗り七福神」は、水上バイクに七福神が乗っていて洒落ています。イメージと色と形との関わりをテーマとする絵。金箔の使い方が...