• クロード・モネの作品「サン・タドレスのテラス(海辺のテラス)」を考える
    2021/10/28キャンバスに油彩 98.1cm×129.9cm 1867年メトロポリタン美術館(アメリカ)多色摺り(ずり)の木版画-錦絵(浮世絵の一つのジャンル)―を収集していたモネは、その錦絵から影響を受けています。だからだと思いますが、感情が移入しやすい絵になっています。陽光というものを感じさせます。まぶしい陽の光です。主題(テーマ)はその陽の光です。ここが、創意されています。題材は、テラスの草花・テラスの人物・海・...
  • 新しい作品制作9:画の六法の「伝移模写」を考える①
    2021/10/28制作意識の探求は、意識化された方策実践と関わって、大切な精神活動です。絵の生命力の気韻生動は、絵の基本としての生き生き感であり、対象物の表現内容としては感性認識された美しさや良さのリアリティです。技術力としての応物象形・骨法用筆・経営位置・隋類賦彩は、こうした枠組みで考えています。まだまだ、はっきりとしないのが伝移模写の方策です。現状では、倣い取り入れる古今東西の作品の生命力技術力発想力...
  • ピエール=オーギュスト・ルノワールの作品「海辺にて」を考える
    2021/10/27キャンバスに油彩 92.1cm×72.4cm 1883年メトロポリタン美術館(アメリカ)<描かれている女性のモデルはルノワールの恋人であり、1890年に結婚するアリーヌ・シャリゴである。>ルノワールの人物は、魅力的です。色彩の優しさ柔らかさに乗じて、人物の顔が目に入るように工夫されています。美しい作品です。風景と人物との組み合わせは、ルノワールの作品に多く見られます。...
  • 空の良さ
    2021/10/27このカテゴリーに張り付けている画像、主に空の写真を張り付けています。そろそろ、内容の異なる写真を撮ってみようかなぁと考えていました。ところが、上に張り付けている画像のように、公園に来て空を見上げると雲の表情が有り良い空でした。空は、雲の表情が無いとなかなか感情が移入出来ません。空を見ていて良いなぁ美しいなぁと感じる空は、雲の広々とした拡がりや大きさが有ります。そして、そう感じる土地はやは...