私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

制作6ー25

デッサンについて考えると、実際の表現においてはクロッキーとしての素描があり対象のモチーフの描写としてのデッサンがあります。その精神は、創っている絵とじっと向き合い・よく見て・よく感じて・感性認識する美しさや良さをよく知り・表現材料の材質表現や道具の使い方(技術)をよく考えて・よく手を動かす、です。これは、生活感に繋がります。...

続きを読む

制作6ー24

今回の制作の質と前回までの制作の質の違いについて考えが至りました。今回は絵を技法を通して創っています。前回までも同様に遠近法という技法を通して絵を創っていました。今回は遠近法よりは平面的表現を意識しています。ここが明らかに異なっています。私にとって遠近法を使って絵の世界観そのメッセージが創れるのかというと、今回のような平面的表現の方が絵の美しさや良さが創れるのではという感じがしています。この点の今...

続きを読む

制作6ー23

技法は、絵のメッセージ世界観の創造が目的です。花・女性・植物・波・鳥などのモチーフを明るく人目をひきつける華麗な装飾性、気品ある美しい優美な曲線的なライン、遠近法よりは平面的表現、鮮やかな色彩、過去のアールヌーヴォーから学ぶ私なりの個性ある絵の追求です。まずはこうした制作意識から始めているという現時点の自覚が大切です。...

続きを読む

制作6ー22

”水の装飾性の絵”で検索すると添付しているような画像が出て来ます。絵の装飾性を追求するとその絵面だけを追ってしまいがちになりますが、その質の華麗さー明るく人目をひきつけるーがどうなのかを評価する絵の表現が大切です。この華麗さは尾形光琳の紅白梅図屏風に見られる実に洗練された強い水の表現に繋がります。かっての制作でその強さは実感しています。この強い装飾性は倣ってみます。...

続きを読む