相手の事情

2021/1/5
安満遺跡9-4
ある出来事をどう捉えるのか。ああだこうだと決めつけて自分自身を暗い気持ちにさせて行くのは、つまらない。
その出来事の事実は、想像していた通りである事は、めったにありません。例えば、会議の時間が予定されていて、予定されていた時間に相手が遅れたという場合、相手に何らかの事情が発生して、遅れてしまうというのが普通です。
相手の事情を許すこの寛容さ(よく人の言動を受け入れること)が、自分自身の心の落ち着きと明るさを生み出して行きます。
こうした現実の受け止めの思い切りの良さが、潔い覚悟だと思います。

コメント

非公開コメント