私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

両界曼荼羅

心ひかれる作品
  • comment0
  • trackback-
2020/7/25
胎蔵曼荼羅九会から成る金剛界曼荼羅
               胎蔵曼荼羅                                九会から成る金剛界曼荼羅   
   両界曼荼羅:国宝 教王護国寺(東寺)伝来   
日本密教の中心となる仏である大日如来(真言密教の教主であるであり、密教本尊。一切の諸仏本地)の説く真理や悟りの境地を、視覚的に表現した曼荼羅である。
*「曼荼羅」は、サンスクリットमण्डलの音を漢字で表したもの(音訳)で、漢字自体には意味はない。
*密教の経典にもとづき、主尊を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図像。(図像-諸仏を描くときの形式や曼荼羅(まんだら)の図様の約束事などに従って描かれた仏画。)
宗教画です。洋の東西を問わず、ある宗教を信じる信仰心を絵として表現しています。絵の力は人の想像力と関わって、イメージをその人に創り出して行きます。神秘的な美しさは謎として心に残ります。


Comments 0