心の問題

2021/9/14
城跡公園23-3
今日の新聞報道で、タブレット端末を道具として、言葉の暴力によるいじめで小学生が自殺した、という記事を読んで驚きました。何という事をしているのか、周りの大人や教員は気づかなかったのか、亡くなられた子供の気持ちを振り返ると、言葉になりません。
いじめとして認定されているようなので、きっちりとした調査が待たれます。しかし、果たして、この事件だけなのだろうか、と、問うと、命が絶たれるいじめやいじめで悩んでいる子供達は他に存在しているだろうと想像出来ます。一方で、教員のわいせつ行為による処分が後を絶ちません。
私は長年教員として教育現場と関わって来ました、大変なお仕事です。精神疾患の病気になられている多くの先生方がおられます。また、そうなるだろう教員もおられます。何もかも教員一人でお仕事を抱え込むような面を有するお仕事です。
まぁ、確かに、外部からのベクトルが教育現場に向けられています。トップダウンです。政治思想と関わる制度の問題という面もあります。現場からのボトムアップ、現場からの外部へのベクトルが見当たりません。純粋に心の問題として、子供達の声や教員の声をくみ上げる吸い上げる仕組みが必要だと思います。

コメント

非公開コメント