棟方志功の作品「華狩頌(はなかりしょう」を考える

2021/9/11
華狩頌
木版、紙 131cm×159cm 1954年 
*華狩:弓矢ではなく美しい花で心を射止めること。頌: ほめる。たたえる。祝う。
神聖な美しさが感じられます。木版の表現を巧みに心がけています。
制作そのものを楽しんでいます。次から次へと展開されるイメージ、そのイメージを絵としてどうかという評価をしながら、そのイメージを追う様に手を動かしています。
神業です。
れでいて、誰もが親しめる親しみ深い作品です。

コメント

非公開コメント