手塚治虫の作品(漫画・アニメ)「鉄腕アトム」を考える

2021/9/8
鉄腕アトム
このカテゴリー「ある画家の絵画作品を考える 」に入れて考えています。漫画家も絵で表現します。そういう意味で、漫画作品も絵画作品の一種と捉えています。
私のような戦後生まれの方々で、鉄腕アトムを知らない人はいません。いわゆる、絵画作品が上級で、漫画が下級という上下関係の考え方はどこから生じているのか、私には疑問です。
美術館や博物館は歴史が残して来た作品を所蔵し展示しています。それはとても意味のあるものです。しかし、浮世絵が示しているように、どんな絵が後世に伝えられて行くのかは分かりません。江戸時代の庶民が、日本史のみならず世界史に残る絵として浮世絵に接していた訳ではありません。
歴史を創って行く絵画というものは、実に奥深いものです。

コメント

非公開コメント