(自尊心)

2021/9/7
城跡公園22-13
こうありたいこんな自分でいたいという思いが、そうでない現実の自分を引っ張る原動力になります。そうである現実と、そうでない現実とどう関わるのか、それぞれに創意工夫が必要とされます。
たえず、この二面性が人生には有ると思います。全てが自分の思い通りの現実でもないし、全てが自分が望まない現実でもありません。七転び八起きという言い伝えがあります。自己実現の現実が、実現されない自己の現実を克服して行きます。
その克服する力は、自己実現の思いに繋がっています。その自己実現の経過において、失敗も有れば成功も有ります。良き縁も有れば悪しき縁も有ります。そして、何が失敗で成功なのか分かりません。
満ち足りた人生という言葉有ります。この言葉の意味は、心が十分に満たされているものとして捉える事が出来ると思います。何によって満たされる心になるのか、それは、おそらく自分なりに精一杯に生きて来たし、生きているという心(自尊心)に有ると思います。

コメント

非公開コメント