フィンセント・ファン・ゴッホの作品「夜のカフェテラス」を考える

2021/9/6
夜のカフェテラス
キャンバスに油彩 81cm×65.5cm 1888年 
クレラー・ミュラー美術館 (オランダ)
私はゴッホの作品の中でも、この作品に心ひかれます。印象深く残っている絵は、誰しもが持っていると思います。
この光の表現、心温まる光の表現にひかれるのだと思います。
ゴッホの絵は実に分かり易い絵です。何をどのようにどう表現するのかがよく考えられています。その考えー美しさや良さ―を共有出来るからだと思います。多くの人々の感性と共有出来る感性、時代は100年を超えています。
しとげる能力が特に優れています。

コメント

非公開コメント