政治の刷新

2021/9/3
安満遺跡公園22-9
政権政党の自由民主党の総裁選挙に、現総裁の菅首相が出馬しません。驚きのニュースです。コロナ禍の国のかじ取りは、どこの国でも苦慮しています。現内閣の支持率の低迷は、コロナ対応への批判から来ているという分析があります。
前任の安倍元首相は、持病の悪化による体調不良でお止めになりました。現在、生きている人々において、こんな世界的大流行(パンデミック)の疫病の経験を知っている人は誰一人としていません。お仕事とはいえ、実に大変なお仕事です。お二人とも一生懸命にこのコロナ禍と関わっておられました。お疲れ様です。
私が取り組めばうまく事を進める事が出来ると思ってる人ほど、じゃあこうすればより良いという具体案もなく、ただ、非難しているだけに聞こえるのは、私だけでは無いと思います。もちろん、ああだこうだと批判する事は大切ですが、自分の言っている事柄に責任が持てない無責任な言動が多く見受けられます。
主権は在民に在りという民主主義と自己に責任を負う自由という価値追及を政治の理念として、このコロナ禍を、どう克服して行くか、その道筋を示しつつ、日本国の建設という国家観も示して戴いて、総裁選挙を行って戴きたいと思います。






コメント

非公開コメント