松本竣介の作品「立てる像」を考える

2021/9/2
立てる像
キャンバスに油彩 162cmx130cm 1942年 神奈川県立近代美術館
作品世界が有ります。絵に伝言(伝達内容)が有ります。
戦時中の作品です。青年の複雑な思い、その伝言が表現されています。
この画家の魅力は、この作品の世界観です。建物や道は、その伝達内容によって絵として表現されています。そういう作品世界が有ります。
作品の世界観、私が学んで倣う点です。

コメント

非公開コメント