フィンセント・ファン・ゴッホの作品「悲しむ老人」を考える

2021/8/23
悲しむ老人
キャンバスに油彩 80cm×64cm 1890年 
クレラー・ミュラー美術館(オランダ)
このリアリティ―、確かに老人は悲しんでいます。両手に力を入れて目を覆い隠すことで悲しみが表現されています。涙はありません。このポーズを悲しみの表現とした、その観察力が優れています。
この老人のポーズの表現に絵全体の力を集中させています。椅子や暖炉や廊下や壁の表現は、力を抜いています。この力のメリハリが効果的に老人の悲しみを絵として創っています。

コメント

非公開コメント