ヤーコプ・ファン・ロイスダールの作品「陽射し」を考える

2021/8/17
陽射し
キャンバスに油彩 83cm×99cm 1660年 - 1669年 ルーヴル美術館 (フランス)
空の表現と言えば、この画家だと思います。この空は、永遠のものです。大きな空を画面に大きく取り入れた構図によって、空の大きさと拡がりを表現しています。山や川や橋、そして、当時の人々の生活の様子。写実的な描写で絵として、よく分かります。

コメント

非公開コメント