歌川広重の作品「京都名所之内 淀川」を考える

2021/8/9
京都名所之内 淀川
木版画 27cm×39cm 天保5年(1834)頃
リアリティー実在。 また、現実性。 真実らしさーを求めています。感性認識により、認識された美しさや良さが内包されているリアリティを絵として創り上げています。その手法は線遠近法による画面空間創りです。また、ヒロシゲブルーと呼ばれる藍色が美しい。写実的に描写しているので、当時の生き生きする生活の様子がよく伝わります。

コメント

非公開コメント