フィンセント・ファン・ゴッホの作品「草むら」を考える

2021/8/8
草むら
キャンバスに油彩 41.5cm×48.8cm 1889年 ポーラ美術館 (日本)
草むらを題材にしています。そして、ゴッホが見ている草むらを絵にしています。この何気ない日常に見られる美しさや良さを絵にする、この考え方は倣っています。
感じている草むら、その良さや美しさを表現目的としています。その表現目的を筆触(タッチ)という表現技法によって絵にしています。草むらの明るい暗いの光の表現もされています。その光の表現によって絵のリアル感が創られます。

コメント

非公開コメント