政治課題

2021/8/2
城跡公園21-6
今日から緊急事態宣言の期間に入ります。通っているジムは営業を続けます。毎日行っているほとんどの人達は、見ていると年齢的に、退職された方々のようです。おそらくワクチン接種も2回終わった方々が多くおられるようです。感染対策をしっかり取っておられるジムなので、営業も出来ると思います。お客様相手の商売は、大変だと思います。
ワクチン接種も進み、感染対策も認識されて、一回目の宣言とは様子が違っています。しかし、難儀なコロナ禍です。一体いつになったら、終息するのやら。ワクチン接種が進み、国の方針を大きく経済にかじを取った国もあります。イギリスです。パンデミック(世界的大流行)なので、各国の様子が情報として伝えられます。各国の取り組みようが違っています。
自殺者や失業者を増やさずに、感染に関わっては、死者数と重症者数を増やさない事です。もちろん、経世済民、民を救う施策が当局に求められます。社会不安を招いてはいけません。
お役所の怠慢なお仕事、医療機関のコロナ禍の回避、政治が決断しても、庶民に繋げる機関が働きません。心有る人々が社会を救って、救われています。我々庶民が負担を背負わなければならない原因は、今回のコロナ禍を通じて、浮き彫りになりました。次に備えて改善して戴きたい政治課題です。

コメント

非公開コメント