私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

雷雨

日々の生活を考える
  • comment0
  • trackback-
2021/7/18
安満遺跡公園20-11
ジムからの帰り、ふっと道路を見ると少し大粒の雨が降ったようです。でも、殆ど、渇きかけているように見えたので、そのまま帰る事にしました。信号待ちをしていると、真上の雲が暗くなっています。しかし、目線を変えて見ると青空も見ています。
信号を渡っている間に雨がポツポツ降り出しました。カバンに常時入れている折りたたみ傘を開けて歩き出しました。次第に雨が降り出して、あっという間に、ザーザー降り出しました。雷が鳴っています。もう私が歩いている目の前は、雨が激しく振っているので、かすんではっきりと見えなくなっています。久しぶりに、こんな雨の中を歩いています。すでに、ズボンもシャツも靴の中もびしょびしょに濡れています。
雷が次第に近くなって来たので、怖くなりましたが、何とか、家にたどり着きました。途端に、雷がすぐ近くに落ちたような大きな音を立てていました。住宅街を通って行きますので、雨を避ける場所が有りません。こんなものだと思います。激しい雨は避けられません。その雨の中を進んで無事に家に帰る事が出来ました。
激しい雨に見舞われて、その中を歩いて家に帰る事は、運が悪かったのです。しかし、無事に家に帰る事が出来て、こうして記事を書き込んでいる事は、運が良いのです。運は冷静に対処すれば良くなるのだと思います。

Comments 0