私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

画家:フィンセント・ファン・ゴッホの作品⑳「坊主としての自画像」その筆触

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/7/14
坊主としての自画像
キャンバスに油彩 61cm×50cm 1888年
凄い気が感じられます。一筆一筆に気迫がこもっています。ペイントではなくドローイングという特徴が表れています。この作品のタイトルは、僧侶としての自画像と記載される事も有ります。日本的な文化とその精神性の在り方を知ろうとしています。

Comments 0