私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

画家:ピート・モンドリアンの作品②「ウィローグローブ:光と影の印象」その筆触

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/6/3
ウィローグローブ光と影の印象
キャンバスに油彩 35cm×45cm 1905年頃
画家の初期の頃の風景画です。画面の奥行き、画面空間を創る意識が薄いと思います。作品の題名が示しているように光と影の印象が表現されています。画面の奥行きに拘らずに、画面の面に拘った、その結果、色と形とその構成という抽象絵画の考え方に至ったのだと思います。画面の奥行きというものは、画面空間を創る手立てです。

Comments 0