私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

キャッチボール

日々の生活を考える
  • comment0
  • trackback-
2021/5/29
安満遺跡公園17 -8
キャッチボールは、いつ頃までやっていたのだろうか、小学生頃までだったと覚えています。私が小学生の頃は、野球が主たる男の子のお遊びでした。最もよく遊んだものです。小学校のグランドでもよく野球で遊んでいました。キャッチボールは、人数が集まらない時にやっていました。
相手のグローブにボールが届くようにボールを投げて、投げたボールを相手がグローブで受けて、同じようにボールを投げ返します。主に二人で遊んでいました。実に単純なお遊びですが、飽きなかった事も覚えています。
相手の立場に立ってボールを投げ返さないと、遊び続ける事が出来ません。キャッチボールという遊びが出来るようにお互いがお互いを思いやって、ボールの受け渡しを続けます。
このキャッチボールが楽しめたのは、お互いをお互いに思いやる、その心の交流に楽しさを見い出していたからだと思います。

Comments 0