私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

主題⑨:人物:「籐椅子に座る女性のいる部屋」ピエール・ボナール

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/5/9
籐椅子に座る女性のいる部屋 
「籐椅子に座る女性のいる部屋」ピエール・ボナール:キャンバスに油彩 
72cm×51cm 1920年
画面空間の奥行きを創り出す古典的な手法です。平面を積み重ねています。画面の下から上へと視線を上げて行くと部屋をのぞき込む視線が部屋の外を見る視線へと移り変わって行きます。構図は、画面空間を創る手段ですが、良く工夫されています。ボナールのこの色彩は魅力的です。また、ボナールはナビ派の中でも強く日本美術(ジャポニズム)に影響を受けています。

Comments 0