私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

花のある絵⑧:「墨水桜花輝耀の景(ぼくすいおうかきようのけい)」高橋由一

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/3/26
墨水桜花輝耀の景
墨水桜花輝耀の景(ぼくすいおうかきようのけい)」高橋由一:
キャンバスに油彩 61cm×80cm 1874年
満開の桜が表現されています。桜が前景で墨水(隅田川)が後景でぼんやりと描くという空気遠近法を用いた構図立ては浮世絵に通じるものが有ります。親しみやすい絵で学ぶべき点です。つつましく厳格で真面目な画風です。高橋由一氏は、近代日本最初の洋画家として明治時代に活躍されました。

Comments 0