私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

花のある絵①:「春」アルフォンス・ミュシャ

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/3/19
春
「春」アルフォンス・ミュシャ :パネルに油(種類―リトグラフ) 103cm×54cm 1896年
アール・ヌーヴォー、新しい芸術という美術運動を代表する画家です。
竪琴に留まった小鳥がさえずっています。春らしい花々に囲まれています。「四季」の内の春の作品です。
美術に対する考え方によって絵画や版画の考え方も変わって来ます。19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパを中心とした美術運動の考え方によっています。
時代の考え方を吸収した絵の考え方です。私には、問題意識として有ります。

Comments 0