私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

空と雲のある絵24:「池畔納涼」藤島武二

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/3/10
池畔納涼
「池畔納涼」藤島武二:キャンバスに油彩 152cm×194.4cm 1897年
湖畔の夏の夕べです。絵とはこうあるべきという考え方に徹しています。このじっと見つめる目が、作品に内在しています。明治から昭和前半まで日本の洋画壇の重鎮として指導的役割を果たされています。表現内容は、題名通りで実に分かり易い絵です。

Comments 0