私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

空と雲のある絵⑩:「私と村」マルク・シャガール

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/2/18
私と村
「私と村」マルク・シャガール:キャンバスに油彩 192.1cm×151.4 cm 1911年
自然主義や写実主義に見られる線遠近法を用いた画面空間ではなく、美しいこの画面構成。学ぶべき点が有ります。
シャガールが創りたいように絵を創る、この面白さが良いのだと思います。画面空間をテーマ(表現内容)に合わせて創るという考え方、その為の手段としての線遠近法。
つまり、色や形と同列に線遠近法に価値を置いています。だから、こうした画面空間が創れるのだと思います。
テーマ(表現内容)がまず有って、画面空間は色と形と線遠近法によって構成されたものとして創っているだと思います。

Comments 0