私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

空と雲のある絵④:「トルヴィル=シュル=メールの浜」ウジェーヌ・ブーダン

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/2/9
トルヴィル=シュル=メールの浜
「トルヴィル=シュル=メールの浜」ウジェーヌ・ブーダン:
キャンバスに油彩 63cm×89cm 1867年
この青空と雲の白さの表現は優れていると評価されています。凄く大きな作品と感じてしまいますが、実際の大きさはそれほど大きくはありません。
表現として、空の広さが巧みに表現されているからだと思います。ビーチで遊ぶ人達が、空の広さを創り出しています。構図が巧みです。画面空間を創る為に、対象のイメージの画面の位置や大きさをきっちりと測ったように決めています。目的は空の広さを表現する為にです。
まずは、空と雲が有って、その大きさや広さを表現しようとして、作品を創っています。言い換えると、空の広さや雲の面白味を表現する為に、あれこれ考えて絵を創っているのですから、主題は空と雲で、その空と雲自体にテーマ(表現内容)を見い出しています。この画家は、私の絵の学びに繋がります。

Comments 0