私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

経世済民

日々の思い
  • comment0
  • trackback-
2021/2/2
安満遺跡公園11 -6
政治と経済は、極めて日常性を持ったものです。経済は、経世済民(けいせいさいみん)と言って、あれこれとやりくりをして民を救う事で、世を治める政治と密接に関わっています。
世をどう治めるのか、果たして、民を救うやりくりが出来るのかどうか。私は、広く多くの民が救われてこその政治だと考えています。
日本国憲法では、全ての日本国民は、幸福を追求する権利(幸福追求権)を自由に有しています。だけれども、反面、こうした権利と自由は、同じ憲法の条文において、国民の不断の努力によって保持しなければならないとも有ります。
不断の努力を怠らない真面目に働いている人達を救う事こそ、政治の役割りです。日本の政治は、この民と権力者の絶妙な均衡において為されると、お互いの利に適う結果を産み出して行きます。日本の歴史が証明していると思います。


Comments 0