私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

「フィンセント・ファン・ゴッホ」の作品価値に思い、学ぶ⑤ー美しさや良さ

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2021/1/5
二本の糸杉
「二本の糸杉」フィンセント・ファン・ゴッホ:キャンパスに油彩 
93.4cm×74cm 1889年
この作品は、ゴッホの作品の中でも、良さと共に美しさをも感じさせる作品だと思います。
ゴッホの作品の美しさは、セザンヌの作品に見られるようなマチエール(材質感)の透明な美しさではなく、絵とはかくあるべきものだという理念の表現に関わる美しさだと思います。
価値追及の精神に作品の良さを見い出す点で、ゴッホの作品は非常に分かり易く親しみやすくなっているのだと思います。
ゴッホはその追求の精神を、タッチを通して表現し尽そうとする点で、画家として自立していると思います。




Comments 0