私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

葛飾北斎の諸国名橋奇覧「摂洲阿治川口天保山 (せっしゅうあじかわぐちてんぽうざん)」

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/12/20
摂洲阿治川口天保山 (せっしゅうあじかわぐちてんぽうざん)
葛飾北斎の諸国名橋奇覧「摂洲阿治川口天保山 (せっしゅうあじかわぐちてんぽうざん)」
大阪安治川河口にある天保山です。淀川が運ぶ大量の土砂を浚渫(しゅんせつ)する工事によって、人工的に造られた築山です。江戸時代に造られた時には、高さが20mほど有りました。現在は標高4.53mです。

南粋亭芳雪の浪花百景の天保山の絵が実際のようです。

天保山 (浪花百景)

こうして、見比べてみると、北斎の想像力の素晴らしさが改めて知らされます。天保山を知らない人達にとっては、まるで本当の風景のように創られています。

また、当時、こうした考え方で実際とは異なる、それこそ、自分の絵の世界を創る、この考えを持っていたのです。



Comments 0