新しい作品制作4:考察①

2020/12/16
安満遺跡公園7-4
画面空間を創り出す構図は、画面上のモチーフの位置や大きさを意味しています。そして、創ろうとする絵のテーマとの関わりが有ります。
今回の絵のテーマは、構想の記事で「晴れた冬の日に紙飛行機が飛んでいる」と、書き込みましたが、これは、イメージです。
このイメージを、「紙飛行機で遊んでいる人か人達が、飛ばした紙飛行機。その紙飛行機が、晴れた初冬の空に飛んでいる」と、広げました。
このイメージのテーマは、「紙飛行機を飛ばす楽しさと紙飛行機が飛んでいる心地良さ」。このテーマに絵として見る人の目がすぐに行くように、クロッキー段階から構図を工夫しようと思います。

コメント

非公開コメント