私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

新しい作品制作3:反省②

新しい作品制作を考える
  • comment0
  • trackback-
2020/12/11
城跡公園7-1
今回の制作では、考察⑪まで考えました。結果、今までとは違った思考結果が出来ました。新しく出来たのは、私なりの画の六法です。
この私なりの画の六法を目的として考えていた訳では有りません。結果、私なりの画の六法が出来ました。面白いものだと思います。
動機としての発想感動イメージ、感性認識された良さや美しさ、これらは基本だと思います。構図による画面空間、表現材料の材質表現による手順、これらは絵創りの取り組み意識だと思います。モチーフの骨格のしっかりとした輪郭線描写、モチーフの写実的描写、これらはモチーフ表現と関わっています。そして、私の意志と関わる絵の構想は、「四季おりおりの人と空」に関わる風景画を創るです。
制作3の作品は、仕上げに入っています。次の制作4は、上記の「私の画の六法」の絵創り意識に基づいた制作をしようと思っています。

Comments 0