私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

歌川広重の東海道五十三次「三島」

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/12/1
三島
歌川広重 東海道五十三次「三島」:浮世絵 1833/34年
この作品の副題は、朝霧です。霧を表現しています。この東海道五十三次の構想は、「各宿場町の人々の生活の様子と関わる風景画を創る」だと、思います。
この構想と関わる発想感動イメージが有り、生き生きとしたモチーフの表現に関わって、構図がしっかりと工夫されています。
表現内容と関わって、人々の生活の様子がモチーフとして、骨格のしっかりとした線でその良さや美しさが表現されています。
作品の作品たる根拠を学んでいます。

Comments 0