私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

歌川広重の東海道五十三次「箱根」

昔の絵画作品に思い、学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/11/26
箱根
歌川広重  東海道五十三次「箱根」:浮世絵 1833/34年
「箱根の山は天下の嶮」と歌われている箱根の山々です。その山々に目が向きます。人々の生活は、山道を歩いて登る多くの人々によって、表現されています。
この五十三次の絵は、徐々に興味を持って見るようになって来ています。こういう絵は、洋画ではなかなか味わえない独自なものが有ります。
浮世絵が、版元によって売られる絵だったから、生活感に溢れているのだと思います。

Comments 0