私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

歌川広重の東海道五十三次「神奈川」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/11/11
神奈川
歌川広重 東海道五十三次「神奈川」:浮世絵 1833/34年
面白い、興味が尽きません。生活感に溢れています。
宿の仲井さんが旅人を誘っています。旅人は断っています。
この生活感が感動に繋がっていると思います。絵創りと関わる構図の良さは確かなものです。
この場合の感動の中身は、「感心させられる・感服させられる」に、言い換える事が出来ると思います
感動の質を学びたいと思います。

Comments 0