私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

歌川広重の東海道五十三次「日本橋」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/10/31
日本橋
歌川広重 東海道五十三次「日本橋」:浮世絵 1833/34年
広重の絵は穏やかで落ち着いています。主題は「人々の生活の様子と宿場町」だと思います。
この絵の生活の様子のモチーフに二匹の犬が描かれています。描写に遠近法を用いています。
この広重の絵の美しさは、やはり構図に有ると思います。一人一人の人物の表情が違っていますが、この表現の仕方は絵巻物においても同じですので、日本の古画に則っていると思います。
生き生き感は、どうなのだろうか?よく見て行こうと思います。

Comments 0