私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

葛飾北斎の富嶽三十六景「駿州(すんしゅう)片倉(かたくら)茶園(ちゃえん)ノ(の)不二(ふじ)」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/10/28
駿州(すんしゅう)片倉(かたくら)茶園(ちゃえん)ノ(の)不二(ふじ)
葛飾北斎 富嶽三十六景
「駿州(すんしゅう)片倉(かたくら)茶園(ちゃえん)ノ(の)不二(ふじ)」
:浮世絵 1830年頃
茶園で働く人々の様子が、組織的に描かれている事が、驚きです。働く人々をよく見てどんなふうに働いているのかが、しっかりと認識されていないと描けません。
そして、この構図もよく工夫されています。画面の奥行きに富士山を描いています。構図は、美しい絵を創る意志だと思います。

Comments 0