私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

葛飾北斎の富嶽三十六景「 山下白雨(さんかはくう)」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/10/22
山下白雨
葛飾北斎 富嶽三十六景「 山下白雨(さんかはくう) 」:浮世絵 1830年頃
黒富士と呼ばれています。画面右下に大きな稲妻が走っています。白雨とは、明るい空から降る雨を指しています。にわか雨です。
人々の生活の様子は描かれていません。富士山そのものと向き合っている作品の一つです。雨雲も描かれていますので地上から富士山を見ているのではありません。
よくよく、富士山を見ていないとこうした風景を描く事は出来ないと思います。この仕事への熱っぽさは学ぶべき精神だと思います。

Comments 0