私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

私の絵創りを考える②

新しい作品制作2
  • comment0
  • trackback-
2020/10/19
城跡公園3-3
昨日の「私の絵創りを考える①」とそれ以前の「そもそも、美しさとは。「美しさ」を考える①~⑤」によって、かなり私の絵創りの考え方が整理出来たように思います。
技法は「画の六法」、感性によるデッサンのポイントは「主題テーマと関わるモチーフ(対象)をよく見てよく感じて認識された美しさ(良さ)を、表現しようとする表現内容として描写する」です。
課題は、どういうメッセージ(伝えようとする内容)をどう伝えるか、構想立てになります。再度、元に戻って考え直しているのではなくて、「日本的なもの」の意味内容を探っているのです。
主題は「日本的なもの」として、具体的に個々の作品において何をテーマとしてモチーフとするのか。対象物なのか意味内容なのか。認識された美しさは美意識である、この認識を基に探求したいと思います。

Comments 0