私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

制作6ー22

水の装飾性の絵
”水の装飾性の絵”で検索すると添付しているような画像が出て来ます。絵の装飾性を追求するとその絵面だけを追ってしまいがちになりますが、その質の華麗さー明るく人目をひきつけるーがどうなのかを評価する絵の表現が大切です。この華麗さは尾形光琳の紅白梅図屏風に見られる実に洗練された強い水の表現に繋がります。かっての制作でその強さは実感しています。この強い装飾性は倣ってみます。