私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

葛飾北斎の富嶽三十六景「登戶浦(のぼとのうら)」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/10/16
登戶浦(のぼとのうら)
葛飾北斎 富嶽三十六景「登戶浦(のぼとのうら)」:浮世絵 1830年頃
人々の生活の様子は、この富嶽三十六景の主題テーマです。
この作品の人々は海と関わった仕事をしています。潮干狩りをしていたり、子供達が遊んでいます。この作品の美しさは、こんな絵を創ろうとする北斎の強い意志とその創意工夫された実践に在ると思います。
こんな絵を創ろうとする北斎の発想は、どこから来ているのかもっと探って行きたいと思います。

Comments 0