私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

今回の制作について5ー24

IMG_2024-04-03-18-49-12-100.jpg
絵の現実性をどこに求めるのか。例えば、ムンクの叫びという絵は決して写実ではありませんが、非常にリアル感があります。逆にスーパーリアリズムの絵は写真の様な絵ですがリアル感は伝わって来ません。それは、絵創り方の方法提示作品だからです。非常にリアル感が伝わって来る作品は北斎の波の絵などでもそうですが、伝えるものをどう伝えるかの工夫が結果として絵の見せ方に繋がります。こう考えると何も見た目の姿に絵を当てはめる必要はありません。メッセージ主題が絵として伝わる見せ方の工夫に価値があります。