私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

「幻の花」:石垣りん

菊
幻の花
庭に
今年の菊が咲いた。
子供のとき、
季節は目の前に
ひとつしか展開しなかった。
今は見える
去年の菊。
おととしの菊。
十年前の菊。
遠くから
まぼろしの花たちがあらわれ
今年の花を
連れ去ろうとしているのが見える。
ああこの菊も!
そうして別れる
私もまた何かの手にひかれて。

「そうして別れる 私もまた何かの手にひかれて。」生と死が想起されます。じっと現実と向き合う確かさが表現されています。私も昔を知る年齢になりました。