私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

葛飾北斎の富嶽三十六景「武州(ぶしゅう)玉川(たまがわ)」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/10/12
武州(ぶしゅう)玉川(たまがわ)
葛飾北斎 富嶽三十六景「武州(ぶしゅう)玉川(たまがわ)」:浮世絵 1830年頃
主題テーマは「それぞれの場所の富士山と人々の生活模様に関わる美しさ」。
この絵の美しさは、川の悠々とした流れの美しさ、その川で働く人の美しさ、雲に隠れた雄大な富士山の美しさだと思います。
雲の果たしている役割は大きいと思います。

Comments 0