私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

「あどけない話」:高村光太郎

sora.jpg
あどけない話
智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

あどけない、は<無邪気でかわいい>という意味です。智恵子のお話しはすっと心を染めて心が解放されて行きます。心が繋がる素敵な会話です。