私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

「私と小鳥と鈴と」:金子みすゞ

小鳥
私と小鳥と鈴と
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速く走れない。
私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

自分の意に他を添わそうとする事は他を否定する事です。自を知り他を知る事から自他の関係が始まります。