私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

このブログは著作権を主張しています。

デッサンの質

IMG_2023-11-22-14-24-11-754.jpg
対象とのモチーフとの関わりにおける感性認識は表現内容に当たります。その表現内容を表現する表現方法としての伝統画論は気韻生動、骨法用筆、応物象形、髄類賦彩、経営位置、伝移模写の画の六法です。また、その表現方法の実践においても感性認識が問われます。問われる感性認識は表現方法の評価で、その評価が私なりの表現方法を産み出します。それが、個性表現で私なりの絵の創造です。だから、制作においてはよく見てよく感じてよく知りよく考えて創意工夫するデッサンの質が大切です。