私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

葛飾北斎の富嶽三十六景「 東都(とうと)浅艸(あさくさ)本願寺(ほんがんじ)」

昔の絵画作品に学ぶ
  • comment0
  • trackback-
2020/9/30
東都(とうと)浅艸(あさくさ)本願寺(ほんがんじ)
葛飾北斎 富嶽三十六景「 東都(とうと)浅艸(あさくさ)本願寺(ほんがんじ)」
:浮世絵  1830年頃
北斎は、気骨や気品、そうした精神性を表現します。この絵も、こんな絵にするんだという気骨を感じさせます。広重は、画面空間や構図や色や形など、絵に精神性を内在させます。
北斎の精神性は、雪舟に通じます。だから、透徹した美しさがあるのだと思います。

Comments 0