私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

巡り合わせとしての「縁」

思い
  • comment0
  • trackback-
2020/9/19
城跡公園2-4
今から思えば、あの時にああしておけば良かったと思う事が有ります。また、今のこの考え方であの時を生きていれば違った人生になったかも知れないと思う事も有ります。そんなふうに自分を振り返る時が有ります。だけれども、そんなふうに自分を振り返っても現存する実在する私がいます。
そして、その現存する実在する私と向き合う私自身がいます。どう向き合うか、人それぞれの思想や信条に拠っているのだと思います。
だけれども、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典によると、運命とは「 われわれの意志をこえたところでわれわれの行為や存在を支配している力。」と、定義づけられています。
日々の生活者にとっては、巡り合わせとしての「縁」です。私を生かす不思議な力、「縁」は確かなものとして在ります。これが、人生になって行くのだと思います。

Comments 0